電気の資格

電気設備の知識と技術 > 電気の資格

電気の資格

スポンサーリンク

電気設備の関連業務を行うにあたり、必要と考えられる各種資格について学ぶカテゴリー。

電気工作物の電気工事を行う「電気工事士」、自家用電気工作物の維持・管理・運用の責任者となる「電気主任技術者」、一定規模以上の電気工事を請け負う場合の監理技術者となる「電気工事施工管理技士」の3資格が、電気設備分野でもっとも重要視される。

この3資格のほか、一級建築士に対して設備についての助言を行う「建築設備士」という資格があり、電気専門の技術者であっても取得が可能である。これは設備知識とともに、建築の基礎知識を学ぶことが可能である。

消防法に関わる防災設備の専門資格である「消防設備士」も、電気設備設計には重要な資格である。消火設備、警報設備、避難設備に分類されており、電気設計者は「警報設備」を学ぶのが推奨される。これは自動火災報知設備の深い理解につながる。

電気設計の資格

消防・防災の資格