第二種電気工事士

電気設備の知識と技術 > 電気の資格 > 第二種電気工事士

第二種電気工事士の定義

スポンサーリンク

電気工事士は、電気工事士法によって「電気工事の作業に従事する者の資格及び義務を定め、もつて電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与することを目的とする」と定められている。電気工事士資格は、前述の通り、電気工事による災害の発生を防止するために定められた資格であり、素人工事による感電事故や火災の発生を防止するため、一定の知識と技術を持っている技術者でなければ、電気工事を行えないように規制している。

第二種電気工事士の場合、住宅や小規模店舗の照明取付や、屋内外の配線工事など小規模な電気工事ができる。第二種電気工事士は、電気工事を行える範囲として「一般用電気工作物」までに限られており、自家用電気工作物の施工を行えない。

自家用電気工作物のように、高圧の電気設備や、大規模で複雑な電気設備の工事を行う場合、第一種電気工事士の資格を取得する。

第二種電気工事士試験は、電気技術者試験センターが実施している。第一種電気工事士は実務経験が必要であるが、第二種電気工事士は実務経験なく、だれでも受験できる。

第二種電気工事士の工事可能範囲

電気機器のコンセントプラグをコンセントに差込むことは誰でもできるが、コンセント本体を壁や天井に取り付けたり、電線を天井裏に敷設し、壁に分電盤を取り付ける工事は、電気設備に関する知識がなければできない。これらの工事は、電気工事士資格を持った専門技術者が施工を行う。

電気工事士でなければできない工事として「電線を造営材に直接固定する工事」「電線管に電線を収容する工事」「接地線の相互接続・接地極埋設・接地極と接地線を接続する工事」など、施工を誤ることで、火災や漏電といった重篤な被害を及ぼす工事が指定されている。

電気工事士資格を持たない者が電気工事をするのは、非常に危険な行為である。個人が行うDIYやエアコン設置工事で、無資格の電気工事を行ってしまう事例があるが、電気事故が起きた際には責任問題が発生する。無資格工事は絶対に行わず、電気工事は専門技術者に依頼するべきである。

電気設備設計の業務は工事ではないため、第二種電気工事士の資格は不要である。しかし、第二種・第一種電気工事士の試験によって得られる電気の知識は、電気に関する基礎的な部分を大きく網羅しており、資格取得を通じて知識を身に付ける事が可能である。

電線敷設の技術

電線を固定するための支持間隔や固定方法を間違えると、電線に過度な負担が掛かり、絶縁不良や発熱が発生する。電線管に電線を収容する工事は、電線管の占積率の関係や許容電流の低下についての知識が必要であることに関係している。

電線管にケーブルや絶縁電線を詰め込み、占積率が高過ぎると、電線の放熱が阻害され電線から異常発熱による火災発生のおそれがある。

電線接続の技術

接地極接続や埋設工事は、埋設深さや埋設方法、接続する電線の仕様、接続方法によって接地極の性能が大きく左右され、漏電遮断器の不動作や、感電死亡事故につながるおそれがある。

事故を防止するため、電気工事士の資格を持つ技術者でなければ工事ができないよう規制している。

第二種電気工事士の一次試験

第二種電気工事士の試験難易度は、電気関連資格の中でも比較的簡単である。基礎的な電気計算や電気材料の用途選別など、幾つかの参考書を解くだけでも高配点が狙える。

電気工事士試験は、電線や電気材料を加工し配線工事を行う実地試験が二次試験として用意されている。練習のための材料手配、工具の購入を行い、繰り返し配線工事の練習を行う。

一次試験は、基本的な電気概論(オームの法則、キルヒホッフの法則など)や、合成抵抗の求め方や交流回路・直流回路の基礎、電気材料の用途選別が出題範囲であり、使用する公式や数学の範囲は基礎的・限定的である。三角関数の基礎程度を覚えていれば、問題ない範囲と考えられる。

市販されている試験対策の教材を購入し、2~3周繰り返し問題を解けば、試験の傾向が判断できる。多くが過去問題の数字を改変した出題であり、基本公式や出題傾向を把握すれば、それほど困難な試験ではない。

第二種電気工事士の受験者数

第二種電気工事士の受験者数は年々増加しており、平成21年度には筆記受験者100,000人を超え、筆記免除者を加えると120,000人以上が第二種電気工事士資格に挑戦している。受験申し込みをしても受験しない、または受験できない場合があるため、実数は10%ほど減少する。

一次試験は約100,000人ほどの受験者がおり、合格率50~60%程度で推移しているため、毎年50,000~60,000人が筆記試験に合格している。筆記試験合格者は、二次試験となる技能試験を経て電気工事士免状を取得できるが、二次試験は70,000~80,000人が受験し、合格率は60~70%であり、毎年50,000人ほどの第二種電気工事士が誕生している。

上位資格である第一種電気工事士は、筆記試験受験者数が約40,000人、合格者15,000人程度となり、技能試験は受験者15,000~20,000人、合格者7,000~10,000人と、第二種電気工事士と比較して難関となる。

合格率と難易度

第二種電気工事士の合格率は、筆記試験が50%~60%、実技試験は60%~80%と、比較的高い水準にある。電気主任技術者のように合格困難な資格といえるレベルではなく、参考書やテキストを十分に学習すれば、合格することはそれほど難しくない。

二次試験は実際にケーブルの切断・接続、ボックスの組立といった実地試験である。精度良く、素早く作成するための練習を繰り返さ泣けば、合格は難しい。十分に時間を使い、手馴れさせるのが合格の早道である。

二次試験(実地試験)のヒントと小技

電気工事士の二次試験は、小規模な電気回路を実際に組む試験である。アウトレットボックス、電線管、リングスリーブや差込コネクタ、VVFケーブルなどが支給され、決められた回路を時間内に作る。

電工ナイフや圧着ペンチ、プライヤー、ドライバーを持参し、配布された単線結線図図を元に、25分程度で回路を組まなけばならない。試験時間が非常に短いため、作業時間の短縮に色々な小技が活用される。

複線図を高精度で作成する

複線図は電気工事士試験で最も基本となる部分で、しっかりと作成することで間違いの防止につながる。実務で慣れていたとしても、複線図をしっかり作成するべきである。

自分よりも先に電線加工を始める受験者がいると焦ってしまうものであるが、試験においては、綺麗で正確な回路を組むことが重要視されるため、複線図を十分な精度で描き、マイペースで綺麗に仕上げることを考える。

筆者が初めて試験用の電気回路を組んだ際は、完成まで1時間近く費やしていたが、試験直前には15分程度で1回路を仕上げられるようになっていた。練習回数をこなし、手馴れさせることで確実に作業速度が向上する。

単線図を複線図に書き換える作業を2分~3分で完了させ、電線加工の作業に入る。複線図には、VVFケーブルの被覆部分とシース部分の長さを記入し、過不足のないケーブル切断を心がける。複線図の詳細な描き方と手順は専門教材に任せる。

測定器による計測を省略する

複線図が完成したら電線加工に入る。電線長さを計測する場合、メジャーや物差しを使用すると、持ち替えが発生しタイムロスにつながる。手の平や指先の幅を測定器代わりとし、長さを判断するという小技を使うと、時間短縮につながる。

個人差があるが、手の平の幅は10cm程度が多いので、計測器として利用できる。小指の第一関節まではストリップケージに近似している。

メジャーに持ち替えることなく電線を加工できれば、時間は大きく短縮する。電気工事士の二次試験では、電線のシース切断長さを「±50%」まで許容されるため、多少の長さの違いは問題にならない。

ケーブル長10cmが指定されていても、5~15cmまでであれば許容範囲となるため、大雑把な計測方法でも大きな問題にはならない。

ケーブル加工の注意点

ケーブルの切断と加工は実地試験の基本技術であり、完成度に大きく影響する。ケーブルのシース剥ぎ過ぎ、心線までのキズといった大きな欠陥が多発すると、不合格判定のおそれがある。

シースを剥ぎ取り過ぎない

VVFケーブルのシースを剥き過ぎてはならない。レセプタクルやコンセントへの電線接続は、シースの剥ぎ取り範囲をできるだけ小さくし、シースのない「被覆のみの部分」ができるだけ短くなるよう加工する。

シースは重要な保護部分であり、シースが剥ぎ取られた部分は機械的に弱いため、器具内に納まる範囲でシースを切断する。

心線にキズを付けない

シースに切り込みを入れる際、被覆にまで切り込みを入れないように力を加減する。被覆への切り込みは漏電の原因となるため危険である。シースの切り込み部分はチェック項目とされており、被覆から心線が見えるほどキズが付いていると、重大欠陥となる。

ストリップゲージ以上に心線を露出させない

ケーブルの被覆をストリップケージ以上に剥かないこと。VVFケーブルの心線は「シース」「被覆」で保護されているが、シースと被覆を除去すれば、充電部の心線しか残らない。心線は電圧が印加され電流が流れる部分であり、壁に接触すれば漏電火災の原因になり、人体に触れれば感電のおそれがある。

心線部分は、器具の端子に完全に収容されるよう、ストリップゲージに合わせて切断しなければならない。目安として、ストリップゲージに差し込んだ際に、心線部分が見えない程度の長さで加工するのが良い。

差込時に心線が見えなければ良いということはなく、短すぎても危険である。ストリップケージより短く被覆を切断すると、差込不足による火災の原因となる。

被覆を端子に挟み込まない

リングスリーブやレセプタクルのて端子に、剥ぎ取った被覆が挟み込まれないよう注意する。端子に被覆が挟み込まれると、電気抵抗が増大して発熱し、火災の原因となる。

電線管を締め付けすぎない

試験では、ケーブルだけでなく電線管も支給される。電線管にIV線を通して回路を構築するまでが、電気工事士試験に含まれている。

電線管を加工する場合、ボックスと電線管を強く締め過ぎないこと。金属管であればプライヤーで力強く締め付けても問題ないが、合成樹脂管を強く締め付けると、割れるおそれがある。

近年はPF管(合成樹脂可とう電線管)の出題が多く、樹脂製の電線管の出題が非常に多い。樹脂製の電線管にプライヤーで過度の力を加えると、管が割れてしまい欠陥として扱われる。軽く手締めをし、プライヤーで軽く回す程度で固定するのが良い。

完成後の確認

回路組立の完成後は、致命的な欠陥がないことを確認し、ケーブルの曲がりやたわみを整える。レセプタクルやスイッチを持ち上げると、より整った見栄えとなる。試験監督員の評価を高めるための小技として、覚えておくと良い。

スポンサーリンク

電気設備の知識と技術 > 電気の資格 > 第二種電気工事士