電撃殺虫器・捕虫器の仕組み

電気設備の知識と技術 > 照明設計・電球の知識 > 電撃殺虫器・捕虫器の仕組み

電撃殺虫器とは

スポンサーリンク

電撃殺虫器は、接触した虫類に電気ショックを与えて捕虫する、殺虫用の電気設備です。単相100V・200Vの低圧回路を変圧し、2,000~7,000Vの高圧を発生させることで、接触した害虫にショックを与えて捕虫します。薬剤などを使用しないため、空気をクリーンに保ったまま殺虫を行うことができます。

殺虫器は殺虫灯とも呼ばれていますが、この構造や用途は同じものです。紫外線を多く含む光で害虫を引き寄せて、電圧によりショックを与えます。

電圧が印加されたグリッドを害虫が通過する瞬間、グリッドの絶縁が破壊されて放電を起こし、電撃音と共に害虫を感電死させます。特に高電圧を発生させる業務用の製品では、バチバチという音響と放電の光を発生させ、多数の害虫を駆除しています。

虫が接触する部分の電圧は著しく高いですが、二時短絡電流は20mA以下となっているため人体が触れても危険性は最小となるように、安全措置が施されています。よって、人体が接触しても安全であるよう配慮されています。ガードが取り外された状態で運用するのは危険なため、ガードが取り外されたり、捕虫部分が露出するような場合は、通電を遮断するようインターロックされているのが一般的です。

青い光を放つことで殺虫器に誘虫し、電撃を発生させる格子(グリッド)に接触した瞬間に衝撃を与えます。食品業界や外食業界では、虫一匹の混入でも大きなクレームにつながるおそれがありますし、これら害虫が感染症を伝染させるおそれがあることも考えられ、虫対策のための電気設備の設計も重要となっています。

スポンサーリンク

電撃殺虫器による誘虫の仕組み

通常、建築物への虫に対する衛生面を確保するためには、虫を建物に近寄らせないという方法がまず考えられます。照明計画によって、建物から離れた場所に虫を寄せ、建物付近は嫌虫ランプを使用して虫の接近を防止し、それでも建物内に侵入した虫を電撃殺虫器や捕虫器で確保する、という段階的な計画がとられます。

電撃殺虫器や捕虫器は、夜行性の虫が青い光に誘われるという「すう光性」を利用しており、虫が敏感に光を感じる365nm(青色)付近の光を放出することで、高い誘引効果を発揮します。多くの昆虫類は、人間が感じられない350~400nmの光を敏感に感じ取り、誘引される性質があります。紫外線を放出するランプは非常に誘虫性が高く、一般の白熱電球の誘虫性を100とすると、捕虫器専用の蛍光灯は1,000を超える誘虫能力があります。この誘虫能力によって害虫を引き寄せて捕獲します。

特に、住宅の出入口や庭、レストランなどの飲食店、公園、スーパーやコンビニなど、衛生面から虫の侵入を阻止したい場所に設置することで、高い効果が発揮されます。電撃殺虫器は薬剤などを使用していないので、設置しても空気が汚れる心配はありませんが、機器の内部には虫の死骸が溜まりますので、定期的に内部を清掃します。

紫外線ランプの寿命

紫外線ランプは、照度を確保するためのランプではなく、紫外線を放出させることを主目的としたランプです。点灯時間が経過するごとに性能が低下し、照度とともに紫外線量も低下しますが、照度と紫外線量の低下速度は同一ではありません。

人が見ることができる青い光がランプから放出されていても、虫が誘引される不可視光である近紫外線量が著しく低下していることがあり、特に長期間使用していると、捕虫性能が大きく低下します。

一般的に、捕虫器や電撃殺虫器に使用する紫外線ランプの寿命は6ヶ月程度とされています。人が見た場合は青い光を放っているため、まだ誘虫効果があると勘違いをしてしまいがちですが、可視光線が放たれていても紫外線量のほとんどが失われた状態では、誘虫効果が期待できません。

ランプが切れていないからといって、6ヶ月を超えて紫外線ランプを点灯させても、捕虫性能が著しく低下しているため効果が薄く、電気代の無駄となることも考えられます。ランプを取付けた日付を記録し、点灯時間を管理することで適切な誘虫効果を維持できます。

電撃殺虫器の消費電力・電気代

電撃殺虫器の消費電力は、高電圧を発生させるための変圧器と、内蔵している誘虫用の蛍光灯によって発生します。殺虫装置は安全性に配慮されているため、電圧は高くても電流が小さく、消費電力も非常に小さい特徴があります。50~60W程度が一般的です。

電撃殺虫器1台の消費電力を50W(0.05kW)、1kWhあたりの電気料金を24円として電気代を計算すると、1時間あたりの電気料金は 0.05[kW] × 1[h] × 24[円/kWh] = 1.2[円] です。1日に24時間運転した場合、28.8円の電気代となります。

家庭用電撃殺虫器の消費電力・電気代

業務用の電撃殺虫器は、二次電圧7,000Vの高電圧で殺虫を行いますが、家庭用の小規模な製品も存在します。二次電圧500~900V程度で、捕虫用の蛍光灯も3~5Wの小さなものです。消費電力はほとんどが蛍光管によりますので、長時間使用による電気代はわずかです。

電撃殺虫器1台の消費電力を5W(0.005kW)、1kWhあたりの電気料金を24円として電気代を計算すると、1時間あたりの電気料金は 0.005[kW] × 1[h] × 24[円/kWh] = 0.12[円] です。1日に24時間運転した場合、2.8円の電気代です。

太陽電池式の電撃殺虫器

コンセントなどの電源が確保できない場所では、太陽電池電池式の電撃殺虫器を使用するという方法があります。太陽電池によって内蔵の蓄電池に充電を行い、3~4時間程度の動作を行うというのが一般的です。ただし家庭用のソーラー電撃殺虫器は粗悪品も多く、充電しても光が弱い、電撃が弱く殺虫しないなどのおそれがあります。

太陽光による充電は、日射を得られることが最低条件ですから、高木や植栽などに覆われて影が発生している場合、適正に充電できない可能性があります。

スポンサーリンク

電撃殺虫器の設置場所と注意点

電撃殺虫器は高い電圧を発生させる機器ですから、人が容易に触れられる場所に設置してはいけません。日常的に清掃する必要がありますが、容易に触れてしまっては感電や火傷による事故に繋がります。特に業務用など数千ボルトの高電圧を発生させる機器であれば、取扱説明書に基づき、軒下に設置する場合は高さ1.8m以上、屋外では3.5m以上の高さに設置しましょう。樹木などから30cm以上の離隔を確保し、葉や枝が電撃殺虫器に接触しないように注意しましょう。

粉じんが多い場所、羽毛などが多く飛散する場所に電撃殺虫器を設置すると、高電圧によって引火する可能性があるので設置は厳禁です。ガソリンスタンドなど、揮発性の引火物を取扱う施設の付近も、同様に引火する可能性があるので設置してはいけません。

建物の近くや窓の近くに電撃殺虫器を設置すると、青い光に誘われて開口部に虫が近寄ってしまい、より多くの害虫を建物内に呼び込んでしまうという悪影響を及ぼすことがあります。建物の出入口や窓の付近には設置せず、開口部から離れた場所に設置するのが基本となります。屋内に設置する場合は、窓の外から見える場所に設置することは避ける計画としましょう。

電撃殺虫器を室内に設置する場合

電撃殺虫器は人の出入りがある出入口付近に設置し、人と一緒に侵入してくる虫を捕獲するという考え方がありますが、前述したように外部から光が見えない部分に設置します。外部から誘虫の光が見えてしまうと、光に向かって室内に虫が飛び込んでくるおそれがあります。

捕虫器の付近を飛んでいる虫は、捕虫器に入らずに落下するおそれがあるため、できるだけ壁の近くに設置し、部屋の中央に設置しないことが望まれます。

衛生面に配慮が必要な食品工場のラインなどでは、これら生産機器の上部に電撃殺虫器や捕虫器を設置すると、捕虫時に虫が機器内から飛び出して落下した場合、虫がラインに混入する原因になりますので厳禁です。果樹園などに電撃殺虫器や捕虫器を設置する場合、紫外線ランプの放つ青い光によって害虫、益虫、それ以外の多数の虫が集中してしまい、樹木への被害が大きくなる場合があります。

それ以外にも、電撃殺虫器が動作する瞬間の高電圧で、無線機器など通信機器にノイズが発生します。無線機器を使用していたり、付近に通信機器がある場合はその影響への配慮が必要になります。

誘虫対象選定の注意点

電撃殺虫器は、害虫として代表的なハエや蚊には効果がない場合があります。ハエは種類によって、光に誘引されるものとされないものがおり、一般的に臭気に強く誘引されます。

蚊も同様に光によって誘引されない場合があります。蚊は青い光によって誘引されず、人間などの呼吸、生ごみなどから発生する炭酸ガス、つまり二酸化炭素に強く誘引されます。蚊による被害を防止するために、光を誘虫に使う電撃殺虫器を計画しても、効果が発揮されないことがありますので注意が必要です。

ただし、蛾など蚊以外の害虫を多数捕獲した状態であれば、死骸から発生する炭酸ガスに蚊が誘引されることがありますので、一定の効果も考えられます。

もちろん、清掃をせずに長期間使用することは避けなければならないため、これを目的として清掃をしないという使い方をしてはいけません。対策する害虫の種類によっては、薬剤等を使用することを検討すると良いでしょう。

JISに規定された電撃殺虫器の仕様

電撃殺虫器はJIS C 9335-2-59 に規定されており、「2以上のグリッド間に、電圧を印加することによって昆虫を感電死させる機器」とされます。二次開放電圧7,000V以下の場合、または保護装置を設けた場合であれば、地上から1.8m以上の高さに設置できます。保護装置が無いもの等は、高さ3.5m以上に設置しなければならないと規定されています。

JISでは特に、製造者に対する「取扱説明に記載する事項」「安全を確保するための構造・試験方法」等が定められており、例えば「ガーデンホースの水を電撃殺虫器に向けると感電の危険があることを明記すること」といった主旨を記載するように定めています。「清掃方法」「ランプ交換頻度・交換時の予防措置」なども明記対象です。それだけ危険性が高く、感電等のおそれが高い電気機器であることを示しています。

捕虫器とは

捕虫器は、電撃殺虫器と同様に、虫が敏感に感じ取る波長の光を利用して虫を誘引し、粘着テープなどのカートリッジに虫を付着させる装置です。害虫を引き寄せるフェロモンを塗布した材料を利用するなど、誘虫のための仕組みが取り入れられています。電撃殺虫器とは区分されており、粘着式捕虫器が広く採用されています。

捕虫器は電撃殺虫器と違い、虫を駆除する際に音や光を放ちませんので、食品工場やレストランにおいて、捕虫時に虫を飛散させたり、捕虫の不快感を大きく軽減できます。粘着テープは多数の虫を捕まえると効果を失うため定期的に交換する必要がありますが、虫が見えないような配慮を施した製品もあり、交換時の不快感を軽減させる配慮もされています。

安全性も非常に高く、電撃察知勇気のような高電圧の発生がないため、ランプ交換や粘着シートの交換時も安全です。変圧器も原理上存在せず、誘虫用のブラックランプのみの構成ですから、消費電力は蛍光灯の出力によります。

飲食店等で使用することを前提に、各種メーカーがデザイン性を向上した製品を展開しています。間接照明やブラケット照明のように使用できる外観をしている製品もありますが、放つ光色は青ですから、設置場所にはデザイン的配慮が必要です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

カテゴリー

スポンサーリンク

電気設備の知識と技術 > 照明設計・電球の知識 > 電撃殺虫器・捕虫器の仕組み