蛍光灯の種類と仕組み

電気設備の知識と技術 > 照明設計・電球の知識 > 蛍光灯の種類と仕組み

蛍光灯とは

スポンサーリンク

蛍光灯は、ランプ内の放電で発生する紫外線を蛍光物質に当て、可視光線として取り出すことができるランプである。電流を流すことで放出された電子と、蛍光灯内部の水銀が接触すると紫外線が発生する。この紫外線が蛍光物質と反応し、可視光線として光を生み出すというのが、蛍光灯の仕組みになる。

蛍光灯の両端に取り付けられている「エミッタ」という部品は、電流を流すことで電子を放出する。蛍光灯の中には不活性ガスとともに水銀ガスが封入されており、管の内面には紫外線に反応して発光する蛍光物質が塗布されている。

蛍光灯の内部に塗布された蛍光物質の種類に電球色や温白色、昼白色、昼光色など、数多くの色温度を作りだすことができるため、家庭用、業務用などで幅広く使われている。

リビングなどで団らんのあかりを求めた場合は電球色の蛍光灯を選定したり、書斎や勉強室では昼白色を選定したりと、生活スタイルや用途にあわせて、蛍光灯の色を決めることが可能である。

蛍光灯技術の歴史

蛍光灯は、1954年頃に、国内初のラピッドスタート型蛍光灯が開発された。事務所の業務施設では、即時点灯型の蛍光灯が一般的になった。その後、霞ヶ関ビルなどでシステム天井が採用されたのが1968年頃である。2灯用下面開放埋込型の蛍光灯が主流となった。

1975年頃には、VDT作業が多くなり、グレアカットルーバを備えた蛍光灯が流通するようになった。1991年には、インバーターにより点灯効率の向上やチラツキを防止したHf蛍光灯が開発されている。

現在では、Hf蛍光灯が主流であるが、長寿命Hf蛍光灯や、大光束Hf蛍光灯など、さらに改良が進められた製品が販売されている。グローランプを使用した蛍光灯は1950年頃から販売されているが、キッチンライトなど、FL10W程度の小型製品を除き、ほとんど採用されることはなくなる。

蛍光灯の基礎知識

電気設備の知識と技術 > 照明設計・電球の知識 > 蛍光灯の種類・仕組み