電線管の種類と規格

電気設備の知識と技術 > 電気設備設計の基礎知識 > 電線管の種類と規格

電線管とは

スポンサーリンク

電線管は、電線を保護するために使用する管です。電線管には、電線類を衝撃等から保護するため、電線類を隠ぺいすることによる美観の向上、隠ぺい時の電線引替えなどを容易に行うためなど、多くの役割があります。

電線管は金属製や合成樹脂製があり、使用場所によって使い分けされています。例えば、金属製の電線管には厚鋼電線管や薄鋼電線管があり、屋外では厚鋼、屋内では薄鋼電線管が良く使用されています。このように電線管内に絶縁電線やケーブルを入れ、建物各所に敷設されています。

電線管工事は、先行して敷設した配管内部に、電線やケーブルを後から通すという施工の性格上、配管サイズは電線がスムーズに入線でき、かつ配線の引替が容易にできるように計画します。

電線管内に多数の電線を収容すると、電線からの放熱が阻害され、電線が持っている許容電流が小さくなってしまうという弊害があります。分電盤への立ち上がりなど、電線管が集約するような部分があると、その部分で許容電流が決まってしまい、全体のケーブルサイズを大きくしなければならず、不経済になります。

電線管工事をする場合、多岐に渡る視点からの検討が必要になります。屋内・屋外配線をする場合に、純粋な電線管としての使用だけでなく、ケーブルの物理的衝撃からの保護として電線管を使用することもあるため、これらの必要性の有無を考える必要があります。

屋内配線はほとんどがVVFケーブルを使用したケーブル工事であり、IV線などシースのない絶縁電線に電線管を使用して配線工事をすることは少なく、電線管をケーブル保護目的で使われることが多くなっています。

電線管の種類と基礎知識

カテゴリー

電気設備の知識と技術 > 電気設備設計の基礎知識 > 電線管の種類と規格