業務放送・非常放送設備の計画と設置基準

電気設備の知識と技術 > 弱電・放送・避雷設備 > 業務放送・非常放送設備の計画と設置基準

建物で用いられる放送設備

スポンサーリンク

建物における放送設備は、会議室等で使用する拡声設備、イベント会場やホールで使用する音響設備、館内放送設備、非常放送設備の用途に分けられる。

電気設備設計者が計画・計画する放送設備は、館内放送として使用する「業務放送設備」または「非常放送設備」がほとんどであり、ステージやホールといった専門の音響設備については、音響専門の設計者や専門業者に委託したり、共同設計を行うのが一般的である。

建築設備用としての放送設備は、壁掛けの一体型のものや、自立ラックに収容するものなど、いくつかのラインナップがある。近年ではデジタルアンプが普及し始めており、従来のアナログアンプと比べて、非常にコンパクトな寸法となる。

デジタルアンプは消防用として使用できない時期もあったが、現在では消防認定の取得が完了しており、非常放送用のアンプとして採用できるようになった。

自立ラックを採用したシステムであれば、ラックにアンプやBGM装置、有線チューナーやプログラムタイマーなど、多数の機器を一括収容できる。ラック自体はコストアップとなるが、省スペース化・多機能化を図れるため、大規模建築物では放送関連機器の自立ラック収容が基本となる。

PAシステムとの違い

PAシステムは、パブリックアドレス( Public Address )の略称であり、マイクとスピーカーを別の空間に置き、公衆に対して広く音声や音響を届けることが主目的となる。対して、マイクとスピーカーを同じ空間に設置する会議システムのような使用方法は、SR( Sound Reinforcement )と呼ばれる。

PAシステムは、小さなイベント会場で使用するような、可搬の小型システムから、大規模施設から街区をカバーするような大規模システムまで広く使われている。マイクと音源ソースのミキシング、アンプによる出力調整、スピーカー回線選択、個々のスピーカー音量調整など、高度な制御による信頼性の高さが要求される。

会議用やイベント音響用など、高音質の放送システムを構築する場合、ローインピーダンスのシステムを選定する。ローインピーダンスのシステムとした場合、配線が太くなり、スピーカーも高価で、多数のスピーカを接続できないのが特徴である。

ハイインピーダンス仕様の放送設備

館内放送や非常放送など、低位または中位の放送品質を保ちつつ、多数のスピーカーを設置していく放送システムを構築しなければならない用途では、ハイインピーダンスのシステムを採用するのが合理的である。

ハイインピーダンスの放送システムを採用すれば、1.2mm程度の細い電線に、スピーカーを何十台も並列に接続できるため、建築物の天井スピーカーなど多数のスピーカーを設ける用途に適している。

ハイインピーダンスのシステムは、高い品質が求められる用途に適しておらず、高品位な音を出すことができない。イベントステージなど高品質な音響が求められる場合、ローインピーダンスのシステムを構築するのが良い。

放送設備の回路構成

放送設備を計画する場合、アンプの元分けや、回線分けを十分に検討しなければならない。

事務所を例とすると、執務スペースを個別回線とし、廊下、トイレと放送回路を分離することで、BGMを流すエリアと、非常時・緊急時にのみ案内放送を流すエリアを区分するのが基本である。

廊下やトイレが共用スペースの場合、来客者のためにBGMを流すことが考えられ、執務スペースは無音状態とするのが一般的である。放送区域を同一にするのは望ましくない。

商業施設においてはバックヤード、客用通路、店舗内を同一の放送系統にするのは避ける。バックヤードは従業員だけが必要とする案内放送を流すエリアであり、客用通路は案内放送やBGMなどを流すのが基本であり、放送の目的や用途がまったく違う。

放送エリア分けは、放送を行う対象や用途を十分理解し、適切な回線分けが求められる。

非常放送設備の基礎知識

スポンサーリンク

電気設備の知識と技術 > 弱電・放送・避雷設備 > 業務放送・非常放送設備の計画と設置基準