IV電線・HIV電線

電気設備の知識と技術 > 電線・ケーブルの種類 > IV電線・HIV電線

IV電線の概要

スポンサーリンク

IV電線は( Indoor PVC )の略称で、屋内配線用のビニル絶縁電線である。極めて広く普及している絶縁電線であり、屋内電気配線用途としては、接地用の電線や、スイッチ・コンセント類の渡り線として使用されている。

電線の色識別としては、黒・白・赤・緑・黄・青が製品化されている。黒と赤を電源線、白を中性線、緑を接地線として使用するのが通常の施工方法である。電源の種別を色によって識別できるよう計画する。

IV電線の絶縁体最高許容温度は60℃で設定されている。許容温度以上まで温度上昇すると、発熱によって損傷し、著しい性能低下を引き起こすため注意を要する。電線温度は流れる電流の大小だけでなく、敷設場所の周囲温度にも大きく影響する。

IV電線の敷設場所の規制

IV電線は保護剤となるシースが存在しないため、損傷を受けやすい「天井転がし」による敷設は禁止されている。「電線管に収容」「金属ダクトに収容」「がいし引き」といった施工方法でなければ施工できない。

「IV電線を露出で施工してはならない」という法的な規制があるのではなく「低圧屋内配線は電気設備技術基準 第156条 156-1表 に記載の施工方法とすること」が定義されている。

絶縁電線のまま施工できるのは「がいし引き」のみであり、電線管に収容するか、金属線ぴやダクトに収容するか、絶縁電線ではなくケーブルを用いるかを設計者が選択する。

天井裏に電線を敷設する場合、IV電線をシースで保護した「VVFケーブル」を用い、天井裏に転がす施工方法が広く普及している。照明やコンセントへ電源供給する場合も、IV電線をそのまま使わずVVFケーブルを用いる。

IV電線はケーブルと違い、心線と絶縁被覆のみで構築されておりシースで保護されておらず、何らかの保護管に収容しなければ施工できないが「がいし引き」と呼ばれる施工方法であれば、IV電線を露出した状態で施工できる。

ケーブルラックを用いて低圧のIV線を敷設することも禁止事項となる。ケーブルラックは表156-1に規定された工事ではなく、ケーブル工事をより合理的に行うための支持材であり、電線管や金属ダクトの類ではない。ケーブルラックに接地線を露出で敷設できるのは、接地線が「低圧屋内配線」ではないためである。

がいし引きによるIV線の施工

がいし引きによるIV線の施工は、古い木造住宅で普及していた施工方法である。「碍子」と呼ばれる陶器製の支持材を天井裏の造営材に固定し、IV線を固定する施工であり、電線が持つ許容電流を最大限活かせるという利点があるが、シースが存在しない電線は絶縁性能や安全性に不安が残る。

レトロな内装を重視する建築物で、意匠的に調和させるためといった特別な理由がない限り、新設する電気設備でがいし引き施工は考えられない。

金属線ぴ工事によるIV線の施工

金属線ぴは「レースウェイ」「メタルモール」といった電線を収容する部材である。金属製の小型ダクトで、内部に絶縁電線を収容できる。

天井のない倉庫や機械室、工場では、照明器具やコンセントへの配線をレースウェイに収容する施工方法が多く、レースウェイを用いる場合はIV電線を用いて施工可能。現在でも広く採用されている施工方法である。

金属線ぴの施工方法や法的規制はレースウェイ・メタルモールを参照。

HIV電線の概要

HIV電線は二種ビニル絶縁電線と呼ばれ、IV電線よりも耐熱性能が高い絶縁電線である。

許容電流はIV線よりも20%程度大きく確保でき、周囲温度が高くても正常な送電ができるため安全性が高い。HIV電線はIV電線と同様、シースで保護されていないため、電線管に収容しなければ敷設できない。

HIV電線は、耐熱仕様の盤内配線、防災設備への電源供給の際に、耐火措置と合わせて使用される。盤内配線用途が多いため、メーカー在庫は黄色のものが多数を占めている。

HIV電線の絶縁体の最高許容温度は75℃までである。IV電線よりも温度許容値が高いため許容電流を高く確保でき、周囲温度が比較的高い場所でも安定した送電が可能。

HIV電線の許容温度よりも、さらに高い最高許容温度を求めた場合、105℃まで許容できる「特殊耐熱ビニル絶縁電線」( SHIV電線 )という絶縁電線も生産されている。許容温度が高い電線ほど高価なので多用するとコストアップになる。

スポンサーリンク

電気設備の知識と技術 > 電線・ケーブルの種類 > IV電線・HIV電線