アクティブフィルター

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 あ > アクティブフィルター

アクティブフィルター

スポンサーリンク

高調波電流に対し、逆位相の電流を流して高調波電流を相殺する「能動フィルター」である。負荷の追従性が良好で、高調波の低減率が極めて高いという利点がある。

高調波はインバーターやブリッジ回路、アーク炉といった設備によって発生するおそれがあり、高調波による電気回路の汚染は、電気設備の不具合を誘発する。電力ヒューズの加熱溶断、コンデンサやリアクトルの振動・うなり・異常過熱、通信機器の障害など、多くの不具合につながる。

高調波電流が多く流れる状態は危険を伴うため、高調波対策のひとつとしてアクティブフィルターが用いられる。建築設備分野ではインバーター制御を行っているパッケージエアコンでの採用事例が多い。

アクティブフィルター付き空調機

ビルなど業務施設では、空調によって多くの電力が消費されており、高調波の流出が多い。空調機メーカーはパッケージエアコンのオプション対応としてアクティブフィルター付きの製品をラインナップしており、高調波抑制対策が実施されている。

電力会社では、受電電力に応じて一定量以上の高調波を流出させないよう規制している。これを証明するため、電気利用の申込時に「高調波流出電流計算書」を作成して提示しなければならない。

高調波流出電流計算書

高調波流出電流計算書は、需要家内に設ける全ての高調波発生機器を列記し、それぞれの流出量を合算することになり大変煩雑な計算が求められる。一般的なビルやホテル、商業施設など、主用途が空調機である需要家であれば「換算係数 Ki = 1.8」を超過しないことの証明で、計算を簡略化できる。

アクティブフィルターを設ければKi = 0.3程度まで抑えられるが、アクティブフィルターを用いない場合でもKi = 1.8を超過しなければ、簡略方式が採用できる。

高調波についての詳細は高調波の知識を参照。

スポンサーリンク