ホーム分電盤

電気設備の知識と技術 > 電気設備用語辞典 > 目次 ほ > ホーム分電盤

ホーム分電盤

スポンサーリンク

住宅用途に特化して作られた分電盤の総称で、樹脂製のコンパクトな分電盤内に、電力会社との責任分界点となる「アンペアブレーカー」、漏電事故から保護する「漏電遮断器」、各負荷に電源供給する分岐開閉器を収容している。

ワンルームなど、多くの分岐回路を必要としない小規模用途であれば、2~4回路用の小型で安価な製品を選定すると良い。3~4LDK以上の大規模な住宅用途であれば、各室ごとにブレーカーが区分され、それぞれエアコンなど回路が多くなるため、16~20回路以上の製品のホーム分電盤を選定する。

規模に応じた製品を選定し、必要に応じて予備回路を設けておくと良い。大型エアコンやIHクッキングヒーターなど、200V機器を導入する予定があれば、200V機器専用のブレーカーを用意しておくと汎用性が高まる。

分電盤の設置場所と保護カバー

安全面を重視し、全面にカバー付きの製品を選定するのが基本だが、分電盤をクローゼットや棚部分に収容する場合など、蓋を開けるのが煩雑となる部分であればカバーを省略しても良い。分電盤表面にはブレーカーの操作ツマミだけが表れるが、内扉のみでも安全性は保たれている。

クローゼットや棚の内部に分電盤を配置する場合、容易に点検できるように、盤の全面に物を置けないよう計画する。分電盤の前面に物が置ける状態では、事故時にすぐに点検できないばかりか、電気事故時の発熱や火花が引火し、火災になるおそれがあり危険である。

多機能タイプのホーム分電盤

多機能タイプのホーム分電盤では、オール電化対応、太陽光発電対応、落雷対策のSPD内蔵、エネルギー計測機能、感震機能など、付帯機能が多岐に渡っている。一般的に樹脂製が普及しているが、金属製の製品も生産販売されている。

分電盤の仕組み、特徴、設置計画の詳細については分電盤・配電盤の仕組みと違いを参照。

スポンサーリンク