非常コンセントの設置基準・容量

電気設備の知識と技術 > 自動火災報知・防災設備 > 非常コンセントの設置基準・容量

非常コンセント設備とは

スポンサーリンク

非常コンセントとは、防火対象物に火災が発生した際、消火活動を行う消防隊が有効に活動できるように、専用として使うコンセントのことで、消防法によってその仕様が定められているものである。

超高層建築物や、大規模な地下街では、消火活動のための電源を建築物側から確保できるよう、設置基準が定められている。

防火対象物の階段室や非常用エレベータなど、消火活動の拠点となる場所に、単相交流100V15Aのコンセントを設置し、消火や救出のために使用するドリル、照明器具、排煙装置など、消火活動に使用する可搬式電気機器に電源供給を行う。

非常コンセントの設置基準

非常コンセントは、地階を除く階数が11階以上、または地下街の延床面積1,000m2以上の場合、設置義務が発生する。防火対象物の種類に関係なく、基準値を超過した場合には設置を要する。地上11階以上の階、地下街の地階に計画することが義務付けられ、設置場所は避難階に直接通じている階段室内・非常用エレベータの附室など、消防隊の活動拠点となる場所に設置する。非常コンセントは、水平距離50mの円で建物全体が包含できるように計画しなければならない。

非常コンセントの設置高さは、床面や階段面から1m~1.5mに設置する。埋込式の保護箱内に設け、保護箱表面には「非常コンセント」という表記を行い、赤色の灯火を付設して非常コンセントであることを明確にする。

非常コンセント盤は、W400×H500×D140程度の小型の盤で構成される。盤内部では、コンセント近傍に脱落防止フックを設け、消火・救出活動中に電源が抜けないように考慮されている。コンセント本体は接地形2極コンセントとし、125V15A定格の製品であることが定められている。専用の非常コンセント用幹線から、各階で非常コンセント盤分岐する場合は、非常コンセント盤内に分岐用の配線用遮断器を設ける。

階毎に非常コンセントが1個であれば、1回路とできるが、それ以外の場合は各階において2回路以上を付設する計画とする。1回路に設けられるコンセントの数は10個までと決められているため、20階を超える大規模な防火対象物では、非常コンセント用として、複数回路が必要である。

非常コンセントの電源仕様

非常コンセントの供給電源は、単相交流100Vで1.5kW程度を使用できる容量とする。電源は非常電源とし、非常電源専用受電設備から供給するか、自家発電設備・蓄電池設備からの供給が求められる。非常電源は、30分以上有効に電力供給ができる設備を用意する。

非常コンセント盤にはD種接地工事を施すこと、非常コンセントの電源は漏電遮断器で保護しないこと、電圧降下は2%以内(構内の変圧器から供給している場合は3%以内)にするなどが定められている。各都市の火災予防条例で設備内容が補足されていることがあるため、実計画時には、該当する都市の火災予防条例の確認が必要である。

消火栓箱と非常コンセントの併設

非常コンセント盤を消火栓箱の上部に設置し、一体化できる。消火栓用の赤色灯と非常コンセント用の灯火を、兼用できる。非常コンセントは消火栓箱の上部とし、箱内ではお互いの区画が不燃材料でなされている必要がある。非常コンセント盤の扉と、消火栓箱の扉は別扉とし、それぞれ別々に開くことができなければならない。

電気設備の知識と技術 > 自動火災報知・防災設備 > 非常コンセントの設置基準・容量