令8区画の構造・解説

電気設備の知識と技術 > 自動火災報知・防災設備 > 令8区画の構造・解説

令8区画とは

スポンサーリンク

敷地内に2棟以上の防火対象物がある場合、棟単位で消防設備の設置基準が適用されます。1棟の建物に対し複数の用途があれば、複合用途防火対象物として扱われ、防災設備の基準が変わり、一般的に、より火災に対して高い安全性を要求されます。

令8区画とは、消防法施行令第八条「防火対象物が開口部のない耐火構造(建築基準法第二条第七号 に規定する耐火構造をいう。以下同じ。)の床又は壁で区画されているときは、その区画された部分は、この節の規定の適用については、それぞれ別の防火対象物とみなす。」とされている規程です。

一棟の建築物でも、令8条に規定されている「開口部の無い耐火構造の床・壁」で区画されていれば、区画された部分については別の防火対象物として取り扱うことが可能になります。

スポンサーリンク

令8区画の構造

令8区画は、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造など、容易に変更できない耐火構造とする事が定められています。所轄消防との協議によりますが、ALC壁などは鉄筋コンクリートに比べて弱く、容易に破壊・変更することが可能と判断され、令8区画の壁として認められないことがあるため、十分な協議が必要です。

通常の火災時の加熱に対し、2時間以上耐える性能を持つこと、令8区画を構成する床・壁の両端、上端は、外壁や屋根から50cm以上突き出ていることなども定められています。ただし、令8区画を含む幅3.6m以上に渡って耐火構造であり、かつ開口部が存在しないこと、開口部を設ける場合には相互距離が令8区画を介して90cm以上離隔していることの条件を満たせば、突出しを省略することが可能です。

耐火構造とする範囲は、令8区画の壁・床を中心に、それぞれ幅1.8m以上の範囲を耐火構造とすることが望まれます。

令8区画を貫通する配管

令8区画は、防災上きわめて重要な区画になるため、延焼の原因となる配管貫通を原則として認めていません。しかし、給排水管など、必要不可欠な設備配管に限り、配管貫通を認めることが定められています。

  • 配管用途は給排水管
  • 1の配管は呼び径200mm以下
  • 配管貫通のための貫通穴直径は300mm以下
  • 貫通穴の相互間離隔距離は、大きい方の直径以上
  • 貫通配管及び貫通部は、一体で通常の火災時の加熱に2時間以上耐える
  • 貫通部は不燃材料で埋められ、十分な気密性がある
  • 熱伝導で配管が加熱される場合、可燃物が配管に接触していないこと

上記のように、高い耐火性能を維持できるような施工を行わない限り、令8区画として認められません。所轄消防によっては、給排水管であっても令8区画を貫通することを認めない場合もあります。なお、電気配管やガス配管は、どのような措置を講じても貫通することは認められないと考えられます。

排水管に付属される通気管など、排水管を正常に運用するために必要不可欠な配管も、貫通することが可能とされています。令8区画となる床に設置される便器など、区画貫通部から1m以内に衛生機器との接続点がある場合も、便器が不燃材料で作られている場合、接続可能とされています。

電気配管を令8区画で区画された建物間に通す場合、令8区画ではない外壁を貫通し、埋設によって建物に導入する方法や、地下ピットなどを介して導入する方法が考えられます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

カテゴリー

スポンサーリンク

電気設備の知識と技術 > 自動火災報知・防災設備 > 令8区画の構造・解説