誘導灯の設置基準と計画

電気設備の知識と技術 > 自動火災報知・防災設備 > 誘導灯の設置基準と計画

誘導灯とは

スポンサーリンク

誘導灯とは、避難口と呼ばれる「直接屋外に避難できる扉」や、避難口に通じる通路に設置する、標識を内蔵した箱型照明器具です。建物から避難できる方向を示したピクトグラム、ピクトグラムを照らす照明器具、バッテリーを内蔵しています。非常時には、誘導灯が指し示す方向を辿っていくことで、安全な屋外に避難できます。

誘導灯を設計する場合、防火対象物の使用者が安全に屋外避難できるよう、消防法に準拠した間隔や大きさを守って配置します。誘導灯の設置基準、選定すべきサイズ、表面輝度などが消防法・施行令・施行規則などによって厳しく定められていますので、法に合致した計画が不可欠です。

スポンサーリンク

誘導灯と防火対象物の関係

劇場や映画館、病院、百貨店など、不特定多数が出入りする建物には、誘導灯の設置義務があります。共同住宅や工場など、不特定ではなく特定された人が使用する建物の場合、誘導灯の設置基準が緩和されており、避難困難になりやすい「地階」、消防隊が容易に突入できない「無窓階」、はしご車などでの活動も困難となりやすい「11階以上」の階で、誘導灯を設置しなければいけません。

事務所や工場など、防火対象物を使用する人が建物の構造や避難経路を理解している場合、特定防火対象物に該当していなければ、避難する方向や避難扉の位置などを十分理解しているものとされ、誘導灯の設置基準が比較的緩やかです。C級と呼ばれる、小型誘導灯を主体に設計して良く、コスト面や意匠上の負担が軽減されます。

しかし、ショッピングセンターや劇場・ホテルなど、防火対象物が不特定多数に使用される用途の場合、初めて建物を利用する人も多く、避難する方向を詳しく理解していないことがほとんどです。災害発生時に建物から避難する場合、避難時間が長くなることを考慮しなければいけません。

誘導灯は、設置対象となる防火対象物の用途によって、必要になる面積基準が変わります。「特定用途防火対象物」として規定されている建築物は、災害時の被害が大きくなることが予想される建築物であり、大型の誘導灯を求められるなど、厳しい設置基準が規定されています。

対して、オフィスビルや共同住宅、倉庫などは、百貨店やホテルなどと比べて、誘導灯の設置基準が緩和されています。

誘導灯の免除基準

小規模の建築物で、居室の各部分から避難口が容易に見渡せ、識別できるような建築物の場合、誘導灯の設置が免除されます。この場合、消防法の防火対象物における「無窓階」「地階」ではないことを確認し、建物内の全ての部分から、下記の距離範囲内であれば誘導灯を免除できるとされています。

  • 避難口誘導灯 避難階:歩行距離20m
  • 避難口誘導灯 避難階以外:歩行距離10m
  • 通路誘導灯 避難階:歩行距離40m
  • 通路誘導灯 避難階以外:歩行距離30m

誘導灯の電源計画

誘導灯は通常時、電力会社の商用電源から電源供給されますが、火災時・停電時などでも点灯させなければならないため、蓄電池が内蔵されています。

誘導灯の本体内部に蓄電池を設ける方法と、防災用蓄電池を別置し、耐火ケーブルで電源供給する方式の二通りが考えられます。通常の設計では、蓄電池内蔵型の誘導灯を採用し、電源を別置の蓄電池から電源供給することはほとんどありません。

電源別置型の誘導灯は、機器単価が高く、電源内蔵型と比較してコストメリットがほとんどありません。計画上も、誘導灯は容易に視認できる場所に設置されますので、本体のメンテナンスのしやすい場所に設置されるますので、「高天井に設置されているので電池交換が困難」といった状況になりにくいことも挙げられます。また、非常用照明のように多数設置されることもありませんので、新規設計における誘導灯の電源別置方式の採用事例は稀です。

誘導灯の電源仕様

誘導灯は、火災・停電などによって電源が遮断されても、避難が完了するまでの間は点灯していなければいけません。誘導灯本体内部の蓄電池は、一般型であれば「20分間以上」の点灯を継続できます。

誘導灯を設置する建物が、50,000m2を超過するような大規模建築物であれば、20分で避難完了するのが困難なため、60分以上の点灯を継続できる「長時間型誘導灯」の採用義務が発生します。

長時間型誘導灯は、全ての場所に設置する必要はありません。各々の階では20分以内で避難完了するのを前提として、下記の部分に対して長時間型誘導灯を設けるのが一般的です。

  • 階段避難口
  • 階段内の通路誘導灯
  • 避難階の通路誘導灯
  • 避難階の最終退出口

誘導灯の種類と設置基準

誘導灯には避難口誘導灯、通路誘導灯、客席誘導灯の3種類があります。それぞれの設置基準は消防法によって規定されています。

避難口誘導灯の設置基準

避難口誘導灯は、直接外部に通じる扉、階段に通じる扉などにおいて、避難口の上部に設置して避難口を指し示す誘導灯です。避難上有効な避難口の位置を明示するために使用します。

主として設置しなければならない場所は、下記の通りです。避難口誘導灯はその名称の通り、避難口となる扉付近に設けなければいけません。通路部分に設けるのは消防法違反となります。

  • 屋内から直接地上に通じる出入口
  • 直通階段の出入口
  • 不特定が利用する100m2を超える居室の出入口
  • 特定の人が使用する400m2を超える居室の出入口

避難口誘導灯における、種類と表記による有効距離の違いは下記の通りです。

  • A級 避難方向を示すシンボルがないもの:60m
  • A級 避難方向を示すシンボルがあるもの:40m
  • B級 避難方向を示すシンボルがないもの:30m
  • B級 避難方向を示すシンボルがあるもの:20m
  • C級:15m

避難口誘導灯には、避難口を示すだけのピクトグラムと、避難方向とともに避難口を示すビクトグラムの二種類があります。方向表示が併記されている誘導灯は、矢印部分の視認性が単体の避難口誘導灯よりも悪いため、有効距離が短く設定されています。

C級の誘導灯は、矢印を設けても有効に視認できないため、避難方向を示す避難口誘導灯は存在しません。

通路誘導灯の設置基準

通路誘導灯は、廊下や階段、通路などに設置する通路用の誘導灯で、避難方向を明示するために使用します。通路にあっては避難口誘導灯が視認できない曲がり角などに設置し、避難口のある方向を明示します。

居室と廊下をつなぐ出入口や、廊下等に設けられた防火扉のくぐり戸などでは、避難口誘導灯の有効範囲と、通路誘導灯の有効範囲を合算して有効とすることが可能ですが、屋内から直接地上に通じる出入口、附室の出入口、直通階段の出入口など重要度の高い出入口では、避難口誘導灯の有効範囲内に通路誘導灯を設置する必要があり、有効範囲の合算をできません。

通路誘導灯における、種類と表記による有効距離の違いは下記の通りです。

  • A級:20m
  • B級:15m
  • B級:10m

誘導灯の形状・大きさ

誘導灯は、A級・B級・C級の3種類で大きさが区別されています。従前の誘導灯の形状は、大型・中型・小型の3種類に分類されていましたが、旧式の誘導灯は内蔵している照明器具が直管蛍光灯なので、大きな横長形状の誘導灯でした。

対して、コンパクト形の誘導灯は寸法が小さく、C級は10cm角、B級は20cm角、A級は40cm角です。意匠的にすっきりとしたデザインであり、デザインへの負担を軽減可能です。

旧式の誘導灯は蛍光灯内蔵のため、長期間使用していると、緑色のピクトグラムを示したパネルが放熱で焦げたり変色して、意匠性を損なうことがあります。現行の電気設計では、コンパクト形のLED誘導灯を選定するのが原則ですから、熱による変色といった現象は発生しません。

輝度が高い正方形のコンパクト形誘導灯はすでに幅広く普及しています。新築物件において、横長の従来型の誘導灯を採用することはありません。既存の誘導灯改修においても、コンパクト形のLED誘導灯に交換するのが基本です。

冷陰極管とLED光源の違い

コンパクト形誘導灯は従来、冷陰極管という蛍光ランプが使用されていました。冷陰極管はランプ寿命が40,000時間以上と長く、消費電力の面でも蛍光灯と比較して、1/3程度まで削減できており、かつ器具を小型化できるため広く普及しました。消費電力の削減だけでなく、長寿命化によりランプ交換頻度の低減を図ることができ、誘導灯のランニングコストは大幅に削減されました。

現在では冷陰極管の代替として、LED照明による誘導灯が普及しており、冷陰極管の誘導灯は生産規模を縮小しています。LED光源は、冷陰極管と同等以上の寿命を持ち、かつ冷陰極管よりも消費電力が小さいため、CO2の削減を含めて、省エネルギーに貢献できることが注目されています。

一部の照明メーカーでは冷陰極管を光源とした誘導灯の生産を中止し、LED光源への切り替えを進めています。

スポンサーリンク

特殊な誘導灯の仕様

誘導灯は、照明器具によって避難口を指し示すものですが、照明以外の機能を付加した特殊な誘導灯も存在します。大きく分類すると、下記の通りです。

  • 消灯機能
  • 誘導音声機能
  • 点滅機能

病院や百貨店など、不特定多数が使用する施設の場合は、誘導灯本体に点滅装置を付属して、避難口がより明確になるように対策しなければいけません。

ホテルなどはさらに規制が厳しく、点滅装置だけでなく、誘導灯本体に音声誘導装置の付属を求められることがあります。付帯機能のある誘導灯は、通常時には一般誘導灯と同様の点灯ですが、火災発生時などの非常時には、避難誘導を促す音声放送を流したり、点滅装置を作動させて、より効果的な避難誘導を図れます。

誘導灯の消灯機能(映画館における制御例)

誘導灯は常時点灯させなければならない防災器具のひとつですが、プラネタリウムや映画館など、営業形態によっては「消灯できなければ、営業に不利益を被る」ことが明確な場合、一時的に誘導灯を消灯させられます。

誘導灯を消灯するには、消灯に対する合理的な理由のほか、火災時には誘導灯が強制的に点灯するよう、誘導灯信号装置を使っての制御が必要です。例えば映画館では、映画を上映していない時間帯は誘導灯を点灯状態にし、映写機か同信号を受信すると誘導灯を消灯、火災信号が供給された場合は映写機停止とともに誘導灯を点灯するという制御を行います。

誘導灯の消灯設計を行う場合「誘導灯が消灯することを客に周知する放送や案内画面を表示」し、「緊急時には誘導灯が点灯する」ことを案内しなければいけません。

誘導灯の制御機能(避難不能な階段の制御例)

階段室の避難扉に設置する誘導灯は、点滅によって階段への強力な誘導が行われますが、もし階段ないに煙が充満していた場合、その階段は使用不可能です。使えない階段に対して、点滅型誘導灯で避難を促すのは、危険を増大させるため避けなければいけません。よって、点滅型誘導灯を階段の避難口誘導灯に採用する場合、階段ないに煙感知器を設けて、煙感知器の動作に連動して点滅を停止する制御を行います。

映画館やプラネタリウムの消灯機能と同様、誘導灯を消灯には誘導灯信号装置を使用します。

誘導灯は24時間常時点灯させることを義務付けられていますが、建物が完全に無人になる場合、自然光が十分に入るような開口部がある建築物の場合、映画館やプラネタリウムなどで特に暗さを要求する場合などでは、誘導灯を消灯できます。

誘導音装置付き誘導灯

地下街や百貨店、ホテルなど、不特定多数の人員が多く使用する建築物では、自動火災報知設備の火災発報と連動し、音声によって避難口の位置を知らせる誘導灯を設置します。

誘導灯からの避難音声よりも、非常放送設備の鳴動が優先順位の上位にありますので、非常放送が流れた場合には、音声を停止させなければいけません。

点滅型誘導灯

百貨店やホテルなど不特定多数が出入りする建築物で、吊り下げサインなどによって誘導灯の視認性が悪くなるおそれがある場合は、点滅型誘導灯で避難口を明確にするよう求められます。病院など、視力や聴力が悪い人が使用する建築物でも同様に、点滅付の誘導灯を使用して避難口を明確化します。

点滅型の誘導灯は、各階の避難階段の出入口扉、各階の最終退出口にのみ設置可能です。それ以外の場所に点滅型誘導灯を設けるのは消防法違反となります。

前述したように、各階の避難階段に設置する計画では、階段室内の煙感知器と連動させ、階段内に煙が充満して避難不能な場合は点滅停止するよう制御しなければいけません。

長時間型・客席・階段通路誘導灯の基準と特徴

誘導灯には、大規模建築物に適用する「長時間型誘導灯」、映画館など劇場の客席に設ける「客席誘導灯」、階段や傾斜路に設ける「階段通路誘導灯」などがあります。

長時間型誘導灯の設置

長時間型誘導灯は、電源が遮断されても内蔵電池によって、60分以上の点灯を維持できる誘導灯です。長時間型誘導灯を設けなければならない防火対象物は下記の通りです。

  • 延床面積50,000m2以上
  • 15階建て以上かつ延床面積30,000m2以上
  • 地下街で延床面積1,000m2以上

大規模建築物では、非常時に建物使用者が避難する時間が長くなるため、一般の誘導灯に内蔵されている20分程度の電池容量では、避難完了前にバッテリーが切れるおそれがあります。他西洋料のバッテリーを内蔵させ、避難完了まで誘導灯が点灯できるように配慮されています。

客席誘導灯の設置

映画館や劇場は、座空間内のほとんどが階段や傾斜路のため、避難が非常に難しい建築物です。最低限の足元照度を常時確保するため、座席の下部への客席誘導灯の設置が義務付けられています。映画上映中とはいえ、足元まで全て消灯するのは危険であり、避難に使用する最低限の照度を確保します。

客席誘導灯の基準は、「避難のために使用する椅子と椅子の間の通路で、0.2ルクス以上を確保」することが求められます。客席誘導灯は光束が少ない、0.2ルクスを確保するためには、座席それぞれに客席誘導灯を設置しなければいけません。

客席誘導灯の設置については、器具台数を所轄消防と十分な打ち合わせが必要です。椅子に対して1列ずつ飛ばして客席誘導灯を設置するのが一般的な設計となりますが、部分的に0.2ルクスを下回る部分が発生するかもしれません。所轄消防に対し、照度のムラが認められるかどうか判断を仰ぐべきです。

階段通路誘導灯

階段または傾斜路に設置する誘導灯として規定されています。階段の天井面や壁面に設置し、通常時の照度確保と合わせて、避難するために必要な最低照度を確保します。

誘導灯特有のピクトグラムはなく、避難者に対して「階数」を知らせる設備としても機能します。デザイン的に優れた製品が多いのも特徴で、階段のコーナーにマッチする製品もあります。階段に誰も人が通っていない時間帯は、調光機能によって明るさを絞って省エネルギーを図り、人が通った際に100%点灯する製品を選定すれば、より省エネルギーとなります。

スポンサーリンク

誘導標識の設置基準

誘導標識は、誘導灯と同様に、避難口や避難方向を明示するための緑色の標識です。非常用照明設備と共に設置することで、避難口誘導灯を免除できるため、防火扉のくぐり戸などに使用されることが多い防災設備のひとつです。

誘導標識は、廊下や通路の各部分から、誘導標識までの歩行距離が7.5m以下となる箇所や、曲がり角に設けます。

蓄光式避難口誘導標識の定義・基準

JIS-Z8716の常用光源蛍光ランプD65から、照度200ルクスの光を20分間照射し、その後20分経過した後の表示面が24ミリカンデラ/m2以上、100ミリカンデラ/m2未満の平均輝度を有するものを、蓄光式避難口誘導標識と定義されています。

壁設置型の誘導標識は、120mm×360mmの横長の長方形です。避難口誘導標識は緑地に蓄光シンボル、通路誘導標識は蓄光地に緑シンボルで構成されています。

日本消防設備安全センターの認定を受けたものが、誘導標識として使用可能です。

誘導灯設置計画で考えるべきこと

誘導灯の配置は、消防的な視点からすれば、より目立つところに設置すべきもの。対して、意匠デザインからすればあまり目立たせたくないため、できるかぎり削減したい設備でもありますす。設備設計者は、消防的観点と、意匠性の両面を満足する方法を提案しなければいけません。

誘導灯本体のデザインは、薄型や埋込型などがあり、いくつか選択することが可能です。意匠設計者や、施主の意向に合うかを確認するのが大切です。消防的観点だけを優先し、デザイン性を無視した配置や器具選定をするのは避けなければいけません。

意匠的な見映えを重視すると、最大の大きさであるA級誘導灯は、工場や倉庫など、意匠性を優先しない建築物でない限り採用しないことが望まれます。40cm角というサイズは非常に圧迫感があります。B級誘導灯は20cm角ですので、事務所や商業施設などではB級誘導灯を最大サイズとして計画にするのが良いでしょう。

意匠性だけではなく、誘導灯を設置する場所の建築的納まりについても、よく確認しておくことが大切です。例えば、扉の開き勝手や扉高さを把握していないと、扉を開けた際に誘導灯が扉に接触するなどの不具合が発生します。扉だけでなく、吊り戸棚などでも同様です。

高天井に誘導灯を設置する場合の注意点

所轄消防によっては、高天井部分に誘導灯が付くのを嫌い、吊り下げることを要求します。誘導灯を天井面近くに設置した場合、火災時の煙が天井に滞留すると、誘導灯が煙に巻かれて見えなくなることを避けるためです。

誘導灯を長く吊り下げ過ぎると、不安定感が増し、空調機などの風で誘導灯本体が揺らいでしまいます。誘導灯に振止めワイヤーなどを施すと、天井面にワイヤーが多数見えることになり、意匠性を損ねます。

誘導灯を吊り下げ長さを一定寸法で統一し、振れ止めが不要な吊り下げ高さに押さえつつ、煙に誘導灯が巻かれない高さとして、消防との協議をまとめることを設備設計者に求められます。天井面に誘導灯を直付して良いという消防解答を得れば問題ありません。

天井面を使わず、誘導灯を壁付けにしてしまうのも手法の一つです。天井面に施工が難しいのであれば、床埋込型の誘導灯を使用するという方法もありますが、床の欠損に対しての開口補強など、構造体を補強するコストアップが発生するため、構造設計者への確認も必要になります。

廊下に誘導灯を設置する場合

細い廊下であれば、誘導灯は左右どちらかの壁側に寄せ、片面型器具を設置します。細い廊下の中央に誘導灯を付けても、誘導灯のフチしか見えないので矢印方向がわかりません。廊下は天井が低くなりがちなので、廊下の中央部に誘導灯があると、運搬物が接触する恐れが高くなります。

ホテルなど、廊下の天井高さが低い空間で、廊下中央部に誘導灯があると、頭をぶつけるおそれがあり危険です。できる鍵に端部に寄せるのが安全です。

工場に誘導灯を設置する場合

工場内に誘導灯を設置する場合、製作機械などを置いていない状態ではなく、全ての機器類が設置され、稼動状態でも誘導灯が十分視認できるよう設計しなければいけません。機械が設置されていない状態での計画では、誘導灯の個数が少なくなりがちですが、機械を据え付けた際に誘導灯が隠れてしまい、見えなくなることがあります。

ロッカーや棚、ラック類の位置も考慮して、誘導灯を配置するのが重要です。

スポンサーリンク

カテゴリー

スポンサーリンク

電気設備の知識と技術 > 自動火災報知・防災設備 > 誘導灯の設置基準と計画